« 恵方巻き狂想曲~テラ編~ | トップページ | まち »

恵方巻き狂想曲~アトランティス編~

 巨大空母・アトランティスに工作員達の元気な声が響く!

 「お頭!今回は大丈夫です!」
 「香りのいい自家製の海苔!」
 「新鮮な海の幸!」
 「7草粥で反省して、サンクルスから お取り寄せした米!!」

 「うおお~~!!でかした お前達!これで縁起モノの太巻きを食える……」
 「我々が作った……軍艦巻きですっ!!

 「っ!!?!」
 アレックスの前に子供が4、5人乗れそうな精巧な軍艦巻きが登場する!

 「……な、なんで軍艦巻きなんだ!?太くて長いの食べなきゃ意味ねぇだろ……!?」
 「我々は、軍人であります!!」
 「軍艦巻きは得意であります!」
 「船主部分で『タイタニックごっこ』も出来るであります!」

 恵方巻きを食べてもいないのに、言葉を無くすアレックス。
 「………沈んじゃ駄目だろ……」(恵方巻きが、タイタニックって何だよ、ソレ!?)

 アレックスは、いつもの如く、ツイッターで不満をぶちまけた。

 『恵方巻きに失敗したなう!』
 すると、すぐに反響があった!
 ZK『OKASHIRAさんもですか!?私も失敗です!尊敬する人が食べてくれなかったYO!』

 勝手に美女だと、思いこんでいるZKさんからの返信に盛り上がるアレックス!
 「うおおっ!?ZKさんの恵方巻きを食べん不届きな野郎がいるとはっ!!」

 さらに、やりとりを続ける。
 『それは勿体ないです!よかったら、オレ様と一緒にその恵方巻き、食べませんか?リアルで会えない?』
 ZK『OKASHIRAさんって優しいんですね!でもお仕事があるんでゴメンなさい!また誘って下さいね!』

 「ぬおおお~~!?ガードが固いよ!ZKさん!!絶対美人だな~~!!こりゃ!」

 テンションが上がるアレックスを横目に、美味しそうに軍艦巻きを食べる工作員達。
 「お頭、その人熟女じゃないですか~?」
 「な~に!お頭の広い守備範囲なら問題ないよ!」
 「いやいや、ZKって男かもしれませんよ~?」

 しかし、『ZK』の正体が 工作員達の想像のさらに上を行く『馬』だとは
誰も気づいていないのでした。

 

|

« 恵方巻き狂想曲~テラ編~ | トップページ | まち »

ミニ小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻き狂想曲~アトランティス編~:

« 恵方巻き狂想曲~テラ編~ | トップページ | まち »