« ホワイトデーミニ小説inサンクルス | トップページ | お迎え決定! »

ホワイトデーミニ小説あとがき

 あんまりホワイトデーは関係なかったかもしれない今回の小説ですが……。

単にスカイツリーやアプリなどの流行を、強引に取り入れようとする親父の姿を書きたかっただけです(笑)

 まったく役に立たない親父アプリ……というより『トイレはあの辺にあるはず』……という親父の勘 なのかもしれません。

 そしてスカイツリーボム……何か変な電波が出てそうですね。
親父にしか受信できない周波数でっ!

 ダイダロスなら、途切れ途切れに電波を受信出来るかもしれない。(可哀想に

大変迷惑な親父の帰還なのでした!

 

|

« ホワイトデーミニ小説inサンクルス | トップページ | お迎え決定! »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトデーミニ小説あとがき:

« ホワイトデーミニ小説inサンクルス | トップページ | お迎え決定! »