« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

10万アクセスありがとう!!

 ブログを始めてから今年の7月で、たぶん3年?…になります。happy01

 最近は、頻繁には更新できてませんがsweat02気が付けば、いつの間にか10万アクセスを超えてましたsun

 あんまりおもしろい記事も書かないで近況報告ばっかりですがsweat01皆さまのご来島、本当にありがとうございます!confident

 今後もゆっくりではありますが、続けていこうと思いますsign01

 ではでは、これからもよろしくお願いいたしますheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事おわりました。

 しばらく取り組んでいた4コマのお仕事おわりましたhappy01
 さて、ミニチュアドールハウスを作ったり、途中になってたブライスのカスタムの続きをやりたいな~。virgo

 NOA関連でもやりたい事たくさんあるんですが、とにかくそれは知識と技術と時間が無いし…sweat02自作で簡単なアニメーションなどは作れないだろうか?とか思うんですが今のトコ思ってるだけです…coldsweats01(音楽に動くイラスト程度の)

clubシュシュさん

 いつもコメントありがとうございますhappy01
 「キャビエル」は博士の架空の息子の名前ですね。またの名をキャビ男sweat02
 そしてサンクルス…「医療保険制度」とか、しっかりしてるのかな?
 みんな唾つけたら治りそうですよね…sweat02逆に「唾バンク」とかあるかもsign02
 倉谷友也の「ゲキテニ」は4月の終わりに後編が載る「別冊コロコロスペシャル」が出ますよhappy01

clubァィッさん

 お返事届いててよかったですmail
 郵便屋さんが恥ずかしいイラストで申し訳ない(笑)クズノハが悪いんですsweat01
 「サンクルス年金」…うちわじじいや、たかし君のおじいちゃんは実は優雅な年金生活っsign02
 「ボンボン同窓会」は、またあれば作者も参加してみたいですね。イベントでは無くその後行われた「飲み会」の方ですがhappy01

 clubフラニーさん

 リュークにバースデーコメントありがとうございます!cake
 彼の独裁にも、ますます磨きがかかりますね(笑)
 「ゲキテニ!」も読んで頂いてありがとうございますpen後編も4月の終わりに発売です!

 spadeぽち&いいね!goodの方

 tumbleweedさん、 エトワールさん、 たびおじさん、 フジノデザインオフィスさん、小金富士さん、 ぽち&いいね!ありがとうございましたheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニミニ小説・バースデー革命。

 ―― サンクルス ――

 「みんな!聞いてくれ!!今日はオレの爆誕祭であり、新年度のはじまりだ!!」

 いつもながらのボスのデカイ声が響く。

 集まる島民達。

 「島民のみんな!オレは本日、年金制度改革を発表する!」
 「ね…年金制度改革っ!?」 オウム返しにキッチェが問う!

 「え~~!今は、老後の安定した生活のため、みなさんに島民年金を支払って頂いておりますが……」
 「何ぃ!?リュ…リューちゃんが突然敬語になりやがった!?」毒づくテイオー&『嫌な予感』…と、プラカードを掲げるダンボールマン。

 「本日より、年金保険料の値上げと、支給開始年齢の引き上げを発表する!」
 全島民「なっにぃぃ~~!?!?」

 「ちなみに支給開始は現行の60歳から95歳になりま~~す!」
 「じょ…冗談じゃないわ!そんなの詐欺よ!!キッチェが、その歳になる頃には、どうなるか分からないもん!」詰め寄るキッチェ。
 「いや、詐欺というのは、狡猾・巧妙に相手を騙すものだが、これは目に見えて酷い!悪政極まりないな!」あきれるダイダロス。

 「いやいや、待て!そのかわり95歳からの支給額は月1000万だぞ!?」胸を張るリューク!
 「リューク!それは、円ですか?ドルですか?それともペソ!?」
 「ううっ!?マリア?法の抜け穴を許さない厳しいツッコミ……!」

 リューク、意を決して約束する!
 「もちろん円だ!!野郎ども~~!!」
 「うおおおお~~~!!!」盛り上がるサンクルス!!

 「よっしゃ!皆!!根性で100年、…生きるわよ~~!?」テイオーが拳を振り上げる!!
 「おー!!」

 「サミアドにも会えるわね~~!」生きる気満々のキッチェと島民達!

 そんなみんなの様子を見て「いや、支給額は、エイプリルフールの嘘ではないのか?」……と、老後に不安を抱くダイダロスであった。

 - -島民年金料値上げだけは、たぶんホント!- -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »